INTERVIEW

エンジニアがどのようにして仕事をしているのか、
今後のキャリアプランなどを聞いてみた

Higuchi yuta

樋口 友太Yuta Higuchi

オープン系開発に従事後、Web開発・インフラ構築を経験し、クラウドプラットフォームのコンサルティング、開発、導入などを行っている。 現在は、主にデータインテグレーション、IoT案件等の、アーキテクチャ設計、プロジェクトマネージメントを行う。

クラサバからオープン系を経てクラウドアーキテクトに

――これまでの経歴についてお伺いします。

理系の学部で学んでいたわけではないんですが、大卒後に最初に働き始めた会社での研修で勉強して、クライアントサーバシステムの開発に関わったのがエンジニアとしての最初のキャリアです。 その後独学で勉強したりしながらWeb開発の道に進み、クラウドを利用した開発やインフラ構築の経験を積んできました。ウフルにはさらにクラウド開発の経験を積んでいきたいと思い入社しました。

ーー現在ウフルではどのようなことを行っていますか。

主にAWSやSalesforceなどクラウドをベースにした開発案件のアーキテクチャ設計に関わっています。中でも最近はサービス間の機能連携、データ連携などの設計などに携わる機会が多くなっています。ポジションだと開発チームのチームリーダー的な役回りを任されることが多くなってきました。

IoTの案件で実案件で関わるときにはクラウドまわりが中心なので、私が実際にハードウェアを触るほとんどなく、インターフェイスやネットワークを通じたやり取りくらいです。ただ、いろいろとIoTを知る中で興味が湧いてきて実際に触れてみたいと思い、プライベートではmbedであったりArduinoなどのマイコンを買って、自宅ではんだごてを使ってセンサーをつけたりしてます。

他にも昨年はラスベガスで行われたイベントに参加することもでき、IoT関連のことも含めて様々な最新テクノロジーにいち早く触れる機会もあり、日々刺激を受けることが多いですね。
今後もIoT・ビッグデータのためのアーキテクチャを考えて、それを実際に作ってみたいと考えてます。

職場の雰囲気

欲しいのはクラウドアーキテクチャについて議論し、互いに成長できる人

ーーどのような方と働きたいですか

アーキテクチャについて議論ができる人と働きたいですね。レベルは問わないですが、IoT、ビッグデータ系のインフラ構築に関して話せる人がほしいです。まだそこまで知らない方でも、これからしようとしている方であればお互いに話しているうちに成長していけると思います。 チームメンバーとしてはプロジェクトをコントロールしてお客様先での交渉含めしっかり案件をマネジメントできるプロジェクトマネージャーと一緒に働きたいですね。自分もこれまで何度かプロジェクトマネージャーとして案件に携わることはあったのですが、自分自身はもっと開発を集中してやっていきたいと思っています。

クラウドアーキテクト
募集要項へ
NEXT READ

recruit_engineer_07_all_ol