INTERVIEW

エンジニアがどのようにして仕事をしているのか、
今後のキャリアプランなどを聞いてみた

Tyrone Ranson

花村 和弥Kazuya Hanamura

サーバエンジニアとしてキャリアをスタートし、システムエンジニア、アカウント営業、Web制作/開発ディレクター、プロジェクトマネジャー、システム設計と渡り歩いてきたオールラウンダー。放っておくとマンガ読むかFIFAを1日やってるような人間。猫だったら何でも許せる。いつか魔法にしか見えないハードウェアを作るため、日夜作っては壊し(主に脳内)を繰り返す妄想族。好きなPaaSはGCP。

インフラ、アカウントセールス、Webディレクターを経て現職に。目指すは作って、話せるエンジニア

ーーまず、これまでの経歴とウフルに入社した経緯をお願いします。

最初はサーバエンジニアとして働き始め、次いでシステムエンジニアとアカウント営業、今で言うセールスエンジニアをやっていました。ただ、働く中でフロントエンドが分からなければお客さんと会話ができないと痛烈に感じ、広告代理店子会社の制作会社へ行きWebディレクターの経験を3年積みました。デザインとコミュニケーションのあり方も併せて学んだ後、一部上場企業でWebサービスのシステム設計をやって、晴れてウフルに入社。IoTの仕事、かつデザインの重要性を理解されているということが入社の決め手で、自分のやりたいことが会社の向かう方向と合致しているかをかなり重視しましたね。

ーーウフルではどのような仕事に関わっていますか。

製造業のお客様とIoTの新規事業の創出をやっていて、私は主に設計含めたソフトウェア開発を行っています。社外の開発会社とも積極的に仕事をするため、エンジニア兼ディレクターと言えますね。他にも、会社の主力商材の1つであるeMIの案件をディレクターとして手懸けています。

ーー仕事をしている中でどういったところにやりがいを感じますか。

新しい事業の創出なので、今までにやったことがないようなことをやる必要があって、それがやりがいになってます。今までの知識と経験をベースにしながらも、知らないことを組み合わせてやる必要があるので、トライ&エラーの毎日です。個人的にはそれが魅力ですね。基本的に新しいことが好きで、自分自身が新しいことをできるようになることも好きなので、己と仕事がフィットしてるなと思えます。

職場の雰囲気

主張しやすい環境で、どんどん形にしていきたい

ーーウフルの良さを教えてください。

自分の強みを主張して、それを行動に移せるところでしょうか。強みを周りに理解してもらえるまでは大変だと思いますが、それはどんな場所でも変わらないでしょうし、主張しやすい環境があることも良さかなと感じます。エンジニアとしての偏見になりますが、「俺の方ができる」と言いたい部分は皆それぞれあると思うんですよ。それが強みになるはずですし、たとえ今の時点で間違っていたとしても、表に出せる場があることはやはり良いことだと思います。

ーー今後のキャリアプラン、やりたいことをお願いします。

まずはIoT案件のプロトタイピングをパッとできるようになりたいですね。アイディア、イメージはすぐに湧くんですが、実際に作ろうとなると誰かに手伝ってもらわなくてはならず、とてもやきもきするので。そのこと自体はとても真っ当なやり方だと思います。ですが、自分自身と会社がIoTのビジネスで生き残っていくためには、スピードが重要な価値だと感じます。「こういうものがあると良いよね、あるとおもしろいね」という話も、実現せずに止まってしまっては今までと同じで、それはIoT、アジャイルではないなあ、と。「ちょっと作ってみたんですけど、どうですか」と言えるようになれば、自分の言葉にも価値が生まれる。ウチのCTO(古城篤執行役員CTO。インタビュー記事はこちら )を超える気概でいた方が、この会社では楽しいだろうなとも思うので(笑)。

職場の雰囲気

ーーどのようなエンジニアの方にウフルへ入社していただきたいですか。

日本のIoT分野はまだまだ若くて、今までのやり方を踏襲するだけだとうまくいかない領域だと感じます。なので、今まで得たものだけではなく、分からないこともでもとりあえず組み合わせてみよう、というテストファーストな姿勢を持っている方が合いそうです。日本酒を飲みたければ喜んでお付き合いしますよ!

テクニカルディレクター
募集要項へ
NEXT READ

recruit_engineer_07_all_ol