uhuru

ニュースNews

三菱重工 風力発電事業にIoTモニタリングシステムを導入 – ウフル、トレジャーデータがクラウドサービスを提供し導入を支援-

2015年12月2日

株式会社ウフルと米トレジャーデータ社は、三菱重工業株式会社の再生エネルギー事業における陸上風車のメンテナンスにIoTを活用したモニタリングシステムを導入いたしました。
モニタリングシステムには、セールスフォース・ドットコムのクラウド統合プラットフォーム「Salesforce App Cloud」、トレジャーデータの提供するビッグデータマネジメントサービス「Treasure Data Service」を利用し、ウフルの提供するIoTプラットフォーム「enebular(エネブラー)」にてサービス間連携を実現、クラウドサービスの利点を生かした短納期かつスケーラブルに対応可能なシステム導入を実現いたしました。
 
<本ニュースに関するコメント>
三菱重工業株式会社エネルギー・環境ドメイン再生エネルギー事業部 陸上風車部部長 弥冨氏は次のように述べています。
「風車の運転状況を見える化し保守分析の効率化を図ることで、風車のメンテナンス向上に繋がると考えています。
IoTを通じて得られる大量の風車運転データを即座に分析する技術を活用することで、これまで判りづらかった異常傾向の見える化を実現することができました。今後は、お客様の風車が安全にかつ安定した運転ができる様に、保守サービスの中で活用していきます。」
 
今後、三菱重工業株式会社陸上風車部では、運転状況可視化の他、部品交換時期の把握から部品発注まで一貫したサービスを提供することで、技術的なサポートを顧客満足の向上につなげることを見据えています。
 
<導入システムの概要・ポイント>
・風車タービンに設置された回転数、振動などのセンサーデータをTreasure Data Serviceに集約
・Salesforce App Cloudで構築した業務アプリケーションに分析データを連携し、風車運転状況を可視化
・enebularを利用して、データの収集から保管、表示までの連携実装を実現
 
■enebularについて
enebular(エネブラー)は主要クラウドサービス、データベースなどアイコンをつなげてフローを書くだけで簡単にAPIベースのデータ連携を実現するクラウドサービスです。IoT/M2Mやクラウド・エコシステムを利用した分散システムの連携フローをグラフィカルに可視化、一元管理することができます。
https://enebular.com/
 
■株式会社ウフルIoTソリューションについて
IoTのシステム開発は最初から大規模に取り組むよりも、まずクラウド上でプロトタイピングやPOCを繰り返し、開発と検証のサイクルを早く回すことが求められています。株式会社ウフルはクラウド連携IoT/M2Mソリューション「enebular」をはじめ、コンサルティング、システム開発、データ分析などワンストップでIoTのシステム開発をご支援いたします。
http://uhuru.co.jp/iot-m2m/
 
■トレジャーデータについて
2011年12月、米国シリコンバレーに設立された米国トレジャーデータ社は、ビッグデータを一定の月額課金で収集・保管・分析するクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」を提供しています。同社のサービスは、大容量の購買取引データ、Web閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータ、センサーデータやマシンデータ等、様々な非構造化データに対応しています。顧客は、フォーチュン誌が選ぶ世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」の企業も含まれています。日本では、2012年11月にトレジャーデータ株式会社を設立し、日本国内の事業開発および技術開発の拠点となっています。
 
■Salesforce.comについて
Force.comは、セールスフォース・ドットコム社が提供する非常に強力で拡張性に優れた、安全なクラウドコンピューティングプラットフォームです。インフラストラクチャなしでアプリケーションを開発し、パッケージ化し、即座に導入できます。
Heroku は、コンシューマー向けの革新的なサービスを提供するプラットフォームです。Heroku で実行するアプリケーションは、Java、Ruby、PHP など、広く使われているプログラム言語をそのまま利用できます。

本件に関するお問い合わせ

マーケティングクラウド本部 永井
e-mail:contact@uhuru.jp
TEL: 03-6895-1526 / FAX:03-6895-1521
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル4F

Page Top