uhuru

IoT/M2Mサービス構築Service

クラウド活用により、初期投資を抑え、スピーディな環境構築

自動車や建設機械、自動販売機、カメラ、航空機エンジンに至るまで、様々なモノがインターネットを通じてメーカーや運営会社に接続されるようになり、IoT(Internet of Things)の動きが加速しています。ウフルではクラウドを有効活用することにより初期投資を抑え、スピーディな環境構築を支援いたします。

  • クラウドの活用で、
    ニーズに応じたプロトタイピングを実現

    既存のクラウドサービスを活用することで、変化するニーズに対応したプロトタイピングを実現。低コスト且つスピーディに環境構築を行うことが可能です。また、IoT/M2Mにおける情報分析から戦略コンサルティングまでワンストップでご提供いたします。

    IoT/M2Mサービス構築01
  • enebularをIoT/M2Mに活用

    IoT/M2Mプロジェクトの場合、概念実証(POC)段階から不確実性の高い事業計画を進めなければなりません。ウフルの自社サービスenebular/Milkcocaを利用しコストとスケジュールを抑えたIoTのPOCを実現します。

    IoT/M2Mサービス構築02
  • IoTジャンプスタートプログラム

    Herokuを基盤に、SalesforceとArmadillo-IoTを統合提供します。デバイスと社内ビジネスプロセスを連携させ、IoT/M2M環境の構築がすばやく行えます。

    詳細はこちら(PDF)

    IoT/M2Mサービス構築03

Page Top