uhuru

What is IoT?

IoTとは

IoT(Internet of Things)とは、様々なモノ・コトがつながり、相互に制御することで課題を解決するとともに、デジタル化を通じて新たなビジネスモデルを実現することです。
考え方自体は1999年、無線IDタグの専門家であるケビン・アシュトンが提唱されたものが最初であり、古くて新しいコンセプトです。当時から人が使うだけでなく、いずれはモノとモノが通信するであろう事が語られていました。その後、IoTからM2M(Machine to Machine)というコンセプトとなり、以降、近年まではM2Mの方が主に使われいたキーワードでした。

代表的なM2Mの例としては、自動販売機に通信機能を付けて温度や在庫状態を遠隔モニタリングしたり、エレベーターの稼働状況をモニタリングしたり、ATMの稼働状況を監視したりといったものが挙げられます。
このページでは、IoTとM2Mの違いからウフルのIoTへのアプローチについて説明していきます。

IoTとM2Mの違いThe difference between IoT and M2M

IoTとM2Mは、まったく同じものと考えていいのでしょうか?基本的なコンセプトは似ている所もありますが、いくつかの点で異なります。

M2Mの特徴は、「単一種の機器を一方通行でモニタリングする」点にあります。工場で材料や在庫を計測して生産や品質の管理を行ったり、GPSによる車両の位置情報の検知するなどはM2Mの代表例です。
こういった例では、機器から収集されたデータは一つの「系」に収まっています。データの分析結果を再び機器にフィードバックしたり、データを機器の制御に利用したり、データを高度に分析して経営に生かしたり、といったことはほとんどありません。

近年、欧米で取り組まれている先進的なIoTのモデルにおいては、インダストリアルな製造業がIT技術、特にクラウドやモバイル、ソーシャル、ビッグデータアナリティクスといった、いわゆる第3のプラットフォームを積極的に活用して、サプライチェーンのみならず、バリューチェーン全体をデジタル武装するために、アナログ情報をそれらのプラットフォームで活用する手段としてのIoTに取り組んでいるというのが今のトレンドです。

以上を踏まえて、M2Mと比べた場合、IoTは以下の5つの特徴を備えていると言えます。

  • ・ 一つの“系”で完結しない
  • ・ 現場側へのフィードバック、制御
  • ・ 自動処理、アナログのデジタル化、示唆の発見、最適化
  • ・ 第3のプラットフォーム(モバイル、クラウド、ソーシャル、アナリティクス)中心に構築
  • ・ エッジ側インテリジェンスとの連携処理(後述)

IoTが注目されている理由What made Iot a topic of interest?

近年、IoTというキーワードに注目が集まり、様々なメディアで「IoT」というキーワードを見ない日はないと言っても過言ではありません。では、いったいなぜここまで注目を集めるようになったのでしょうか?

一つは、スマートフォンの爆発的な普及による、センサーなどの大量生産と、それに伴うセンサー類のコスト低下、クラウドサービスの普及によるサービス維持コストの低下、通信インフラの制御やLoRaWAN、SIGFOXなど新しい通信技術の登場によるネットワークコストの低下など、IoT導入のハードルが下がってきた事があげられます。
次にビッグデータ分析、AIなど技術が発展したことがあります。単にデータを集めるだけでは意味がなく、そのデータから知見を引き出し、事業を改善するための具体的なアクションを生み出す必要があります。近年、こうした技術が大きく発展したこともIoTに取り組む企業が増えてきた理由の一つであるといえるでしょう。

さらにドイツ、アメリカなどによる先進的な取り組みが紹介された事から、国内でも大きく注目を集めることになりました。ドイツは、2011年国策として「Industrie 4.0」を提唱しました。製造設備に取り付けたセンサーで生産工程に関するデータを収集し、生産性向上やコスト削減に役立てようという取り組みです。
続いてアメリカでは、IoTを用いてバリューチェーンと現実の融合をフルデジタルで目指す動きが始まっていました。特に「デジタルツイン」と呼ばれる取り組みは、IoTで注目を浴びています。工場の機器などから取得したリアルタイムのデータを利用して、サイバー空間に現実と同じ環境を再現する手法です。デジタルツインを作成することで、コンピューター上で生産効率を上げるための最適な工場の機器配置をシミュレーションして、リアルな環境へフィードバックすることができるようになります。

日本でIoTが注目され始めたのは、2015年初頭からと考えられます。事業年度の始めとなる2015年4月頃から、様々な企業で「IoT推進室」や「IoTプロジェクト」といった名称の組織が発足するようになりました。ただし、この時期の多くの組織では、活動内容は情報収集にとどまっていました。実際に何をすべきかまでは、検討できていなかったのです。
IoTのビジネスへの本格運用を検討が進み始めたのは、2016年度に入ってからです。産官学連携で利活用を推進する団体である「IoT推進コンソーシアム」の活動もまた、この頃から一気に拡大方向に舵を切り始めています。

IoTに関する各国の取り組みの経緯

oTに関する各国の取り組みの経緯

IoTが目指していくものWhere is IoT headed to?

端的にいうと、「サイバーフィジカルシステム(Cyber Phisical System)」や「デジタルツイン(Degital Twin)」と呼ばれるようなアナログ現実世界の環境をデジタル空間上で再現する、と呼ばれる取り組みが最終像になると考えられます。

デジタル上で再現することで、不確実性の高い現在の事象をデジタル世界で再現し、予測することができるようになります。IoTは、中長期的にはそのための1手段、プロセスとして捉えることができます。うまくいっている例だと、ミスミが始めている「meviy(メヴィー)」は、オンラインで3次元CADデータを使って精密加工部品の製作依頼をすると、その場で見積りが出てくるというサービスです。

これは加工工場などの稼働状況などをすべてデジタル化して持っていることで実現しています。従来であれば、売上情報などと直結する稼働状況などは機密情報に相当していましたが、今後はビジネスチャンスを最大化させるために情報を共有し、スピードを高めていくことがこれからの日本企業に求められています。

Digital Twin

Digital Twin

IoTのカギ「エッジ」とは?Key factor of Iot – the “edge”

IoTの普及により、センサーデバイスなどが生み出す大量なデータが、インターネットを介してクラウドサーバーにアップされ、そのデータを処理・分析することで新たな価値を生み出したり、解析した結果を再びデバイス側にフィードバックすることで最適化したり、あらたなビジネスモデルを構築することが可能になります。

IDC Japanの予測によると、2020年には500億個のモノがインターネットにつながると言われており、増加するモノの大半は、スマホやPCではなく「IoTデバイス」です。これらのデバイスがすべてインターネットを通じて通信し、クラウドサーバーにデータが保持されると考えるとその通信料、データ量は膨大なものとなります。

このような課題に対する解決策の1つとして登場してきているのが、「エッジコンピューティング」です。エッジコンピューティングとは、爆発的に増加するデバイスとそのネットワークトラフィック、大量のデータを保持することで増大するクラウドストレージのコストなど、それらすべてをクラウドに集め制御を行う「中央集権型」のアーキテクチャではなく、基本的なデータ処理はデバイス側で制御する「協調・分散モデル」を採用する考え方です。この「エッジ」とは、モノとクラウドとの間のよりモノに近い位置の「端」を意味しています。

IoT World Forumが提唱している「Internet of Things Reference Model」によると、IoTを構成するアーキテクチャは大きく7つのレイヤーに分類されると定義されています。このうち、主に下から3層までがエッジと呼ばれ、データが生み出される場所の近くの処理基盤に一部を任せることで、コストを抑える事に加えデータの処理の遅延を極小化し、リアルタイム性を維持することを可能にします。

Internet of Things Reference Model

Internet of Things Reference Model Internet of Things Reference Model
(出典: IoT Word Forum, 2014)

また、コストに加えて、自動運転などのテクノロジーや産業用ロボットなど、ネットワークの応答遅延がそのままサービス品質につながる領域では、分散型のアーキテクチャを採用する事が予想されます。

IoTビジネス構築の課題に対するウフルのアプローチUhuru’s approach in implementing IoT business

IoTオーケストレーションサービス「enebular」enebular

エッジコンピューティングの登場により、様々なデバイスがそれぞれデータを処理し、連携していく際に必要となるのが、データと処理の分散および大量のデバイスの適切な管理方法です。それを実現する仕組みをウフルでは「IoTオーケストレーション」と定義し、オーケストレーションをサポートすることでクラウドでのエッジデバイス管理(アクティベーション)と自動的な処理配置の最適化、セキュリティ機能を提供することで、IoTにおけるシステム開発を効率的に行うためのサービスを提供します。

オープンイノベーションの発想によるIoTのトータル支援

国内におけるIoTの導入は、現在多くの企業が取り組んでおり、PoC(Proof of Concept)と呼ばれる実証実験を行っています。ところが、PoCでデータが取れるようになったとしても、それをビジネス化させる段階の事業計画でつまずくことが多く、その後のビジネス展開につなげていくための有効な施策を打つことができていません。

例えば、部門主導で立ち上げたIoTのPoCの場合、目的が曖昧だったり、技術検証が限定的なため、仮にPoCで進めた企画でも商用化、全社導入に向けた取り組みを進めるために改めて事業計画を策定したり、基幹システムとの連携などを一から検討することでプロジェクトがストップしてしまうケースがあります。

通常の事業会社であれば、ここで半年〜1年以上掛かってしまうこともあります。これは通称「IoT闇のトンネル」と呼ばれ、多くの企業がこのトンネルから抜け出すことに苦労しています。ウフルでは、IoTに関するビジネス立ち上げのをサポートする様々なサービス・機能を提供しています。

Contact

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。