uhuru

Live

ALL

SEMINARS

勤怠も工数入力も、Slackから、IoTデバイスから(7/26)


  • Share

IoTオーケストレーションサービス「enebular」(エネブラー)とTeamSpiritとの連携

「TeamSpirit」を使用して、「enebular」でデータフローを設定すると、IoTデバイスやチャットサービス(Slack)から入力されたデータを、TeamSpiritの勤怠データとして簡単に取り込むことが可能です。

忘れがちな出退勤打刻を自動化し、多様化する働き方における勤務状況をリアルタイムに可視化し、「働き方改革」に伴う長時間労働是正や生産性向上の実現をもたらします。

IoTを活用したビジネス開発に携わる方(情報システム部門、新規事業部門、経営企画部門)、働き方やワークスタイルの変革に携わる方(人事部門、総務部門)、ぜひこの機会にご参加ください。

日時 2018年7月26日(木)15:00〜17:00(開場14:30)
会場 ウフルセミナースペース [ 地図
(東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル4F)
参加費 無料
定員 30名(※ 定員になり次第締め切ります。)
プログラム 開催挨拶 15:00〜15:10
株式会社ウフル IoTイノベーションセンター ゼネラルマネージャー 辺土名育男

第1部 15:10〜15:40
全ての業務をSlackへ
Slack Japan株式会社 シニア テクノロジー ストラテジスト 溝口宗太郎 氏

第2部 15:40〜16:10
勤怠・工数データを活用した労働生産性向上の秘訣
株式会社チームスピリット ソリューションセールス&サービスディビジョン 取締役 宮原一成 氏

第3部 16:10〜16:30
IoTオーケストレーションサービス「enebular」について
株式会社ウフル Business Development Center 小林洋介

主催 株式会社ウフル、Slack Japan株式会社、株式会社チームスピリット

本セミナーは、終了しました。

Contact

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。