uhuru

Live

ALL

SEMINARS

急速なクラウドシフトに対応 Amazon ConnectとSalesforce連携で実現する在宅コンタクトセンター

  • Share


BPO事業者をはじめコールセンター事業者においては、業務の効率化・コスト削減、品質改善・顧客接点の多様化といった取り組みに加え、昨今の働き方改革や感染症対策などに代表される在宅化・BCP対応など、多くの課題に取り組む必要があります。そのような取り組みへのアプローチとして、通信プラットフォーム、フロントオフィスのアプリケーションの両方でのクラウド化が進んでいます。ある調査では、通信プラットフォームのクラウド利用回答が3割強、顧客管理システムのクラウド利用も同様に3割程度という結果があり、年々比率は増加傾向にあります。
本セミナーでは、在宅化における課題と解決方法について実際の導入事例を交え、クラウド型コンタクトセンターのAmazon Connect と Salesforce の連携活用についてご紹介します。

対象となる方
・電話対応業務を在宅で行いたいとお考えの方
・新しい働き方に対応して人手不足を解消したいとお考えの方
・顧客対応業務をもっと効率化したいとお考えの方
・顧客の満足度を高めたい、サービスを向上したいとお考えの方
・既存のコールセンターシステムの更新が近い方
・その他、顧客対応業務に課題を感じている方

日時 2021年10月20日(水) 11:00~12:00(開場 10:50)
会場 オンラインによる配信となります。
弊社での参加はできませんので、ご来場されないようお願いします。
※参加方法は、お申込み後にご案内するメールにしたがってご確認ください。
参加費 無料(事前登録が必要)
定員 80名(定員になり次第締め切り)
プログラム 11:05~11:25(20分)
はじめてのAmazon Connect ~これからのコンタクトセンターに必要なものとは?
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 広域事業統括本部 第三チャネル営業部 アカウントマネージャー 山田 純子 氏

顧客対応の要となるコンタクトセンター。昨今の感染症の拡大において、多くの企業でテレワーク、時差通勤、業務時間や残業時間の短縮などの対策が行われ、終息後も定着していくと考えられています。また、感染症だけでなく今後起こりうる災害や様々な状況下おいても、仕事を継続できる環境について検討すべきであると考えます。このような中、コンタクトセンター業務においてもテレワーク化が進んでいます。Amazon Connectは、従来なら長い期間と労力を要していたコンタクトセンターの構築を驚くほど短期間に、そして簡単にできるソリューションです。コンタクトセンター業務にAmazon Connect をどのように活用できるのか?Amazon Connect の概要、ユースケースを交えて、その活用方法についてご紹介します。アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 テリトリー本部 西日本営業部 山田純子

11:25~11:55(30分)
Amazon ConnectとSalesforceで実現する在宅コンタクトセンター
株式会社ウフル Account Management 山田真也

コロナの影響で在宅勤務が増える中、ウフルにはAmazon Connectに関するお問い合わせが増えています。
このセッションでは、Amazon ConnectとSalesforceを組み合わせた利用方法について、実際のお客様事例を交えながらご紹介します。

株式会社ウフル Account Management 山田真也<

共催 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 株式会社ウフル
  • プログラムは、一部変更になる場合がございます。
  • 共催企業および講演者の競合関係にあたる企業のご参加をお断りする場合がございます。
  • ご登録情報は主催および協賛・協力企業にて、マーケティング活動に使用します。個人情報の取り扱いについては、各社のプライバシーポリシーをご覧ください。

Amazon Connect コンタクトセンターソリューション

Contact

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。