11月11日、プリッツの気持ちはどれくらい届いたのか?

エモジマ
pocky_pretz

11月11日と言えば、「ポッキー&プリッツの日」。一企業の商品の記念日にして、これほどまでに驚異的な影響力を持っているとは恐れ入ります。

9月6日の「黒」という語呂だけで「松崎◯げるの日」として登録されたあの人も、裸足で逃げ出すほどのパワーを持っている日。
江崎グリコがこの1日にかけるエネルギーはものすごい。変身を2回残したフリーザ様でもあんな余裕ではいられないはずです。
江崎グリコは毎年この日に合わせてさまざまな施策を展開していますが、今年はとてもユニークなものになっていました。

なあ、プリッツの気持ち考えたことある?

2016年11月11日 プリッツの気持ち」と題された特設ページが公開されました。
11月11日が「ポッキー&プリッツの日」であるにも関わらず、世間のイメージとしては「ポッキーの日」。会社の打ち出し方としても完全にポッキー推しなことを逆手に取った、面白い施策になっています。
徹底的に情に訴えかけるようなプリッツのボヤキが書かれた後、最後に「#プリッツがんばれ」と一言記載されています。
「応援してください!」と直接言っているわけではないですが、コメントをつけてこのハッシュタグを呟きたくなってしまいますね。
この施策では新聞広告も出稿されており、江崎グリコも本気を出しているのがうかがえます。

プリッツの思いがどれくらい届いたのか、実際に調べてみた

こんなエモーショナルな施策がどれだけ響いたのか?これは調べてみるしかない!と思い、実際にTwitterでどのくらいの反響があったのかを独自調査。MCラボではお馴染み、ソーシャルメディア投稿の分析ツールSocial Studio(Radian6)を今回も使っていきます!

図1

集計期間:2016年11月11日 0:00~23:59

1日でプリッツが36万件、ポッキーはなんと181万件。戦闘力100万を超える第二形態のフリーザ様でも、とうとう焦りだすくらい驚異的な数字です。

図2

集計期間:2016年9月6日 0:00~23:59

なんでもない平日(※例として9月6日)で、プリッツが1,080件、ポッキーが4,192件。11月11日の数字と比較すると、ポッキーは約430倍程度の話題量が計測されています。
やはりポッキーの話題量はすさまじいということがうかがえます。

それでは、ここ数年での話題量推移を見てみましょう。(毎年11月11日、1日分の話題量)

図3

江崎グリコが「ブランド名のツイート数でギネス記録を目指す」というキャンペーンを行ったため、13年の話題量が飛び抜けています。(システムの仕様や検索キーワードの違い、既に削除されている投稿があると考えられるため、公式発表の投稿数とは差があります。)
今年のプリッツの話題量は、当然14年、15年と比べて伸びていますが、この数字だけ見ると13年に負けています。
…いや、しかしこれだけの施策を打っておいて、プリッツへの反応が鈍いなんて…そんなはずはない…。13年にプリッツの話題量が伸びている直接的な原因を探ってみました。

本当にプリッツを応援してくれた人数を導き出すには?

すると簡単な答えが見つかりました。

「ポッキーとつぶやいてください」というアナウンスの中にも「#ポッキープリッツの日」というハッシュタグが仕込まれており、これが拡散されることで数字を押し上げていたのです。
本当に知りたい情報は「ポッキーと抱合せでなく、プリッツを応援してくれている投稿の数」。調べたい内容を明確にし、それに適したロジックでデータをクレンジングしましょう。
「ポッキー」を除外ワードに入れ、プリッツ単体で呟かれている投稿数を改めて調べてみます。

図4

こうなると一目瞭然。前年比172.6%増、特に話題量の多かった13年から見ても2倍以上の数字となっています。
例年と比べて、プリッツが脚光を浴びたと言える十分なデータではないでしょうか?
やったね、プリッツ!

SNSへ徹底的に注力

江崎グリコは「ポッキー&プリッツの日公式Twitterアカウント」を設け、さまざまな施策を展開していました。公式アカウントの投稿を見ていると「#プリッツがんばれ」だけでなく「#ポッキーフォト」「#ポッキーキャス」などのハッシュタグが多く使用され、ソーシャルメディアマーケティング施策がフル活用された1日だったようです。

* * *

まだまだ可能性があるソーシャルメディアマーケティング。自社ブランド同士を競わせたり、イメージを逆手に取り同情を誘ったりと、アイデア次第でさまざまな手法が考えられます。
ウフルでは分析に基づいたデータドリブンなデジタル施策のご提案や、ソーシャルメディア運用のお手伝いを行っています。
また、ソーシャルメディア分析による施策実施後の効果測定や、マーケットのニーズ調査など、さまざまな角度からのご支援が可能です。
ぜひ、お気軽に、ご相談くださいませ!

IMG_4560

お仕事中、小腹がすいた時にピッタリ。やっぱり美味しいよ、プリッツ。

***
Top image by:2016年11月11日 プリッツの気持ち

The following two tabs change content below.
エモジマ

エモジマ

1991年生まれ神奈川県出身。LAにあるMIという音楽のカレッジでDIYマーケティングを学ぶ。ウフルのマーケティングソリューション部で働くコンサル兼ミュージシャン。街と散歩とらーめんと布団と枕が好き。
まずは事例を見てみる

フォローする

トップへ戻る