uhuru

News

ALL

PRESS RELEASES

IoTコミュニティとの協創を強化「Start IoT with enebular 2019 OSAKA」を開催

  • Share

  • twitter
  • facebook

株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇 以下、ウフル)は、自社開発の製品であるIoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」を携えて、初の自社イベント「Start IoT with enebular 2019 OSAKA」を2019年2月22日(金)にコングレコンベンションセンター(グランフロント大阪 北館 B2F)にて開催します。

Start IoT with enebular 2019 OSAKA

5Gのサービス開始が目前に迫り、IoT・AI対応が急務となっています。こうした中、本イベントではパートナー企業と協創し、ウフルが開発・提供しているIoTオーケストレーションサービス「enebular」が、どのようにビジネス・社会をアップデートするのか、その可能性を紹介することで、IoTビジネスを構想する事業者とその支援者を後押しすることを目的の一つとして、開催いたします。

当日は、ウフルCTOの古城篤より、数々のIoTプロジェクトから見えたenebularが創る未来について説明するほか、enebularが実際にどのように顧客の課題を解決し、ビジネス拡大に貢献しているのか、ゲストを交えて最新の事例を紹介します。

詳細や申し込みはこちらのページをご参照ください。

「Start IoT with enebular 2019 OSAKA」概要

日時 2019年2月22日(金) 15:00 ~ 19:30 (開場14:30)
主催 株式会社ウフル
会場 コングレコンベンションセンター
(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 B2F)
参加費 無料
定員 100名

※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

株式会社ウフルについて

株式会社ウフルは「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げ、インターネットによる革新的な製品とサービスによって顧客と社会の価値向上に貢献することを目指しています。IoT事業を核とし、エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて、IoT領域で顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。来る5Gの普及に向け、NB-IoTなどの次世代通信技術にも取り組んでおります。コンサルタント、エンジニアやクリエイターといった多彩な人材からなるチームにより、IoT事業を実現するために必要なプロフェッショナルサービスを、事業戦略・技術支援・コミュニケーション戦略などワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。

Contact

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。