uhuru

News

ALL

PRESS RELEASES

ウフル、スタジアム・アリーナ向けソリューション「売り子―ル」をジェフユナイテッド市原・千葉の主催試合で試験導入

  • Share

  • twitter
  • facebook

アプリのDLや会員登録不要、新たなスタジアム体験を提供します

株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇 以下、ウフル)は、スポーツ×IoT事業で開発したスタジアム・アリーナ向けソリューション「売り子ール」が、ジェフユナイテッド株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:前田 英之)が運営するジェフユナイテッド市原・千葉のJリーグ公式戦にて試験導入・実施されることとなりましたのでお知らせします。

実際のデリバリーは店舗スタッフが行います

サッカーのような連続的にプレーが続くスポーツでは、飲食物を購入してもらえる時間が短く、ビジネス機会を損失している状況にあります。また、来場者にとっても試合開始前やハーフタイムなどに飲食物購入希望者が殺到し、不便を与えてしまっている状況です。

そのような状況を回避し、売上およびホスピタリティの向上を目指したいという「売り子ール」の理念に対して、ジェフユナイテッド市原・千葉、喜作およびフクダ電子アリーナ(指定管理者:MMT共同事業体)に共感いただき、今回の企画の実施に至りました。

実施概要

日程
2019年7月20日(土) アビスパ福岡戦
2019年7月27日(土) 横浜FC戦

対象時間
キックオフ2時間半前(優先入場)〜前半40分、後半5分〜後半30分

導入スタジアム
フクダ電子アリーナ(千葉市中央区)
※ ジェフユナイテッド市原・千葉のホームスタジアム

対象エリア
2019年7月20日(土) ジェフシート
2019年7月27日(土) ジェフシート、SS指定席

企画
「喜作デリバリー powered by ジェフユナイテッド市原・千葉」
フクダ電子アリーナのジェフシートおよびSS指定席を対象に、喜作(売店)のソーセージ盛りやビールなどをデリバリーします。
※ 今回は売り子さんの指定機能はご利用いただけません

メニュー
ソーセージ盛り、唐揚げ、ポテトチップス、ビール、レモンサワー、ハイボール
※ メニューは変更になる場合があります。

なお、荒天やシステム障害が発生した際には中止となる可能性があります。

ジェフユナイテッド市原・千葉からのリリースはこちらをご覧ください。

売り子ールについて

売り子―ルはスタジアム・アリーナでのスポーツ観戦中に、スマートフォンから好きな商品を注文し、座席までデリバリーをしてもらうことができるシステムです。
メニューにはビールをはじめとした飲み物だけでなく、食べ物やグッズをラインナップすることが可能です。アプリダウンロード、会員登録、座席番号入力が不要というユーザビリティを最大限考慮した仕様となっており、誰にでも簡単に注文をしてもらえるため、売上およびホスピタリティの向上が狙えます。
また、スタジアム・アリーナだけではなくビアガーデンやホテル、特急電車などのサービス提供にも応用可能です。

株式会社ウフルについて

株式会社ウフルはIoT事業を核とし、エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」を用いて、顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。また、スポーツ×IoTへの取り組みも行っており、スタジアム・アリーナにおけるIoT活用を促進しています。またスタジアム・アリーナに特化した専門メディア「THE STADIUM HUB」の運営も行っています。

Contact

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。