uhuru

News

ALL

TOPICS

ウフル、IoTパートナーコミュニティの発展的解消と 今後の協力関係継続に関するお知らせ

  • Share

  • twitter
  • facebook

株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇 以下、ウフル)が事務局を務める「IoTパートナーコミュニティ」の活動について、発展的解消を決定しましたので、お知らせいたします。

IoTパートナーコミュニティの概要

設立 2016年5月31日
メンバー企業 36社(2020年3月現在)
活動内容 ・ソリューション理解
・業態シナリオ別ソリューションづくり
・ビジネスモデル概要検討
・共同営業活動/共同マーケティング活動 等
ワーキンググループ IoT x AI、セキュリティ、物流、ウェアラブル活用、
オフィスIoT、ヘルスケア、地域創生(2020年3月現在)
事務局 ウフルIoTイノベーションセンター

発展的解消の理由

IoTパートナーコミュニティは、参加する企業・団体等がベンダーフリーで相互に協創しながら、オープンイノベーションを通じてビジネスを創出することを目的として、発足いたしました。
発足から4年を経て、IoTビジネスを取り巻く環境は大きく進歩し、多くの企業がIoTビジネスに参入するようになってまいりました。これらの背景から、IoTは発足当時の事業構想フェーズから社会実装フェーズに移行していること、またIoTパートナーコミュニティのWG活動は一定の役割を果たすことが出来たとの判断から、発展的解消を決定いたしました。

今後の日程

2020年6月末日を目処に、発展的解消とする見込みです。

今後の見通し

IoTパートナーコミュニティは解消となりますが、今後も、各メンバー企業との関係性を維持しつつ、これまでに培ってきたノウハウを活かしたアライアンスによるビジネス創出など、IoTビジネスのより一層の発展を目指してまいります。

<ご参考>

ビジネス創出のためのIoTパートナーコミュニティ発足、ウフルが支援 IoTにより実現される“全てがつながる世界”を目指して始動(2016年6月15日発表)
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

株式会社ウフルについて

株式会社ウフルは「テクノロジーと自由な発想で、持続可能な社会を創る」を企業理念に掲げ、インターネットによる革新的な製品とサービスによって顧客と社会の価値向上に貢献することを目指しています。IoT事業を核とし、エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて、IoT領域で顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。来る5Gの普及に向け、NB-IoTなどの次世代通信技術にも取り組んでおります。コンサルタント、エンジニアやクリエイターといった多彩な人材からなるチームにより、IoT事業を実現するために必要なプロフェッショナルサービスを、事業戦略・技術支援・コミュニケーション戦略などワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。

URL:https://uhuru.co.jp/

Contact

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。