uhuru

News

ALL

TOPICS

米国Salesforce社より、気候変動対策に取り組んでいる企業の一社として紹介されました

  • Share

  • twitter
  • facebook

2021年9月21日に米国Salesforceが発表したプレスリリースの中で、SalesforceのSustainability Cloudを活用して気候変動対策に取り組んでいる企業の一社として、ウフルの名前をあげていただきました。

原文リリース(英文)はこちら
日本語リリースはこちら

なお、2021年9月21日から23日にかけてサンフランシスコをはじめ、ニューヨーク、ロンドン、パリなど世界様々な拠点で対面およびオンラインで同時開催された、Salesforce主催のイベント「Dreamforce 2021」の基調講演にて、Sustainability Cloudの新機能について発表がされております。

Dreamforceイベントサイト:https://www.salesforce.com/dreamforce/

世界的な脱炭素化への流れや、環境に対する意識が高まる中、お客様、株主、従業員など様々なステークホルダーへの情報開示の必要性が重要視されていることから、ウフルでは、自社の排出量算定と削減活動を推進してまいります。これらの活動においては、米国Salesforceに紹介されたように「Sustainability Cloud」を活用することで、温室効果ガス排出量の算定と可視化に取り組んでいます。

今後は、排出量削減施策に積極的に取り組むとともに、気候変動対策に取り組む各種団体への参加などを積極的に検討いたします。

(ご参考)ウフルのカーボンニュートラルソリューションについて


ウフルは2007年末よりセールスフォース・ドットコム社のパートナー事業を開始し、他のパブリッククラウドのインテグレーションを強みとして経験とノウハウを積み重ねています。ウフルは、Salesforceを自社でも導入し、実際に利用することでナレッジの蓄積、実践事例からのサービス提供を実施しており、Salesforceを活用したカーボンニュートラルソリューションの導入支援サービスも提供しております。また、子会社のシステムフォレストにおいては「西日本パートナー会 Partner Award 2020」にて4年連続で「Best Partner of the Year」を受賞するなど、グループとして日本全国のセールスフォース導入支援を手掛けています。

ここに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

Contact

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。