uhuru

News

ALL

PRESS RELEASES

ウフル、日本相撲協会・キリンと共同で、大相撲九州場所にてスタジアム・アリーナ向けソリューション「売り子ール」のテスト導入を実施

  • Share

  • twitter
  • facebook

日本の伝統競技の観戦を、デジタル化でもっと便利に

株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇 以下、ウフル)と公益財団法人日本相撲協会(本社:東京都墨田区、理事長:八角 信芳 以下、日本相撲協会)、キリンホールディングス株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長 磯崎 功典)は、共同で2019年11月10日(日)より福岡国際センターで開催される「大相撲九州場所」にて、スポーツ×IoT事業で開発したスタジアム・アリーナ向けソリューション「売り子ール」をテスト導入することとなりましたので、お知らせします。

大相撲九州場所

お茶屋制度の利便性を福岡でも

従来、大相撲の場所では、相撲案内所の「お茶子」が、来場者を座席まで案内したり、飲物や食事を座席まで届けてくれる「お茶屋サービス」が存在します。(※ 東京・大阪・名古屋場所のみ)

今回、九州場所での新たな取り組みとして、伝統ある「お茶屋サービス」を、デジタル手法を介して実現するために「売り子ール」を大相撲九州場所にテスト導入することになりました。

注文カードイメージ

大相撲九州場所 実施概要

日程 2019年11月10日(日) 〜24日(日)福岡国際センター
対象時間 11:00〜17:00まで
導入エリア マスA席、マスB席
企画 導入エリアを対象として、「売り子ール」を利用し、キリンビールの「キリン一番搾り」やお弁当などの食べ物を、席まで係員がデリバリーいたします。

なお、システム障害が発生した際には中止となる可能性があります。

会場の座席表

売り子ールについて

売り子ールはスタジアム・アリーナでのスポーツ観戦中に、スマートフォンから好きな商品を注文し、座席までデリバリーをしてもらうことができるシステムです。

メニューにはビールをはじめとした飲み物だけでなく、食べ物やグッズをラインナップすることが可能です。アプリダウンロード、会員登録、座席番号入力が不要というユーザビリティを最大限考慮した仕様となっており、誰にでも簡単に注文をしてもらえるため、売上およびホスピタリティの向上が狙えます。当システムは、2018年からテスト展開を開始し、これまでにサッカーや野球の試合においても展開してきました。お客様からは、いままで売店に行かないと購入できなかった飲食物がデリバリーされる便利さと、注文操作の簡便さに大変好評いただいています。

今回の大相撲九州場所では、お客様がお茶屋サービスを楽しめるように、公益財団法人日本相撲協会、キリンホールディングス株式会社、株式会社ウフルの共同により、大相撲のお客様に合わせたサービスのカスタマイズを行いました。

売り子ールは、スタジアム・アリーナだけではなくビアガーデンやフードコート、ホテル、特急電車などのサービス提供にも応用可能です。

(参考)関連プレスリリース

Contact

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。